FC2ブログ

FS3227日目

シュンの技で、背向け曹国P+Kというやたらめったらさばくけど、こっちがガードしても有利大という技があります


前から「あんなにさばくのにガードしても確定なしかよ??」と、俺の中では結構クソ技認定だった


ところが、この前動画見ていて、この技を避けてからブラッドがソークを入れていて、「あーなるほど、避け確取ればいいのか?」と目から鱗だった


もっとも見てから避けられるのか? と万年錬士には不安しかないがね・・・


ところで、大会動画見ていると避けたときの相手の技にあわせて、適切な打撃を入れるのがプロ みたいな感じだけど、単純に側面崩れを誘発する打撃ではあかんのかな?


側面崩れを誘発する技は、硬化カウンターでは側面崩れしない??


そこら辺、どうなの? 教えて偉い人


スポンサーサイト

【番外編】親の介護のことを記す その③

さて、①と②を経験して、「こうすればよかった こうした方がいいよ」というのを書き記しておきたいと思います。


あらためて言うまでもないですが、これは自身の経験からこうすればよかった と思っていることで、必ずしも皆さんにあてはまることとは思えません。
その一方、「これはどんなウチでもだいたい似た感じかな?」と思ったこを書き記しておきます。


その1 親が元気なうちに、親のお金を把握した方がいい

これなかなかやりにくいとは思うのですが・・・・ やっておいた方がいいと思います。
認知症になったら、それこそ本人からはまるで情報が引き出せなくなります。
認知症になる、ならないは事前にわかりません。また、「おかしいな」と思ってから、あれよ、あれよ と悪くなります。
その他 不慮の事故、病気 もう心配ごとは山ほどでてきます。


・・・と考えると「元気なうちに」 何が? どこに? いくらある?  というのを詳細に把握すべき! と思います


ちなみにウチはぼちぼちやばい というタイミングで、私が実家にあった通帳やらなんやらをすべて引き上げました。
一応、母には了解をとりましたが、母はどこまで理解したかな? という危ういタイミングでした


幸い母がずぼらというか、マジメというか 暗証番号のメモ帳があったので、そこにあった通帳類はすべて使えましたがね・・・
ただ、これね もう本人の記憶頼りだったら、もっと面倒だったでしょうね



その2 介護生活をシミュレーションしよう

介護はやっぱり金がかかります
ウチがお願いした介護施設は、神奈川県三浦市の有料老人ホームでした。
結局、ドタバタで入居したので十分に他と比較したとはいえませんが、中の下か、下の上ぐらいではないかな? と思います。


入居者は常時20人ぐらいでした
スタッフは正直 どのくらいいるのかよくわかりませんでしたが、事務方が数人、施設専任のケアマネジャーが1人 専任の介護士が1人 入居者の介護をするヘルパーさんが10人ぐらいかなあ? それ以外に調理スタッフ という感じでした


そんな施設で、入居の初期費用0 月の支払いが父母 2人のときは約35万  母が1人になってからは約25万の請求でした
このうち幾分かは年金であてがえますか それ以外は当然 持ち出しです。


安く・・・・ はないですよね? 


ちなみに、月の費用が15万程度の特別養護老人ホーム 通称 「特養」もありますが、こちらはご存じの方も多いと思いますが、介護認定が「要介護3」以上  順番待ちも多いと聞く上に 安いなりのサービス・・・・ というネットの書き込みを見かけることもあり、介護当初はたぶんここは使えないです。


ともかく、まず 親と自分たちで介護に使えるお金を確認し、介護施設にお願いするのか? 自宅で介護となるのか? 介護施設にお願いするなら、どういうところがあるのか? そもそもどこでやるのか? 実家の近く? 自分ところの近く? などなど 知らないといけないことは結構あります。


時間があるときからスタートしておいた方がいい と思います



その3 相談できる介護業界の人を探す

何が困ったといってて、介護業界のこと 介護のことがわからないことと 親の状況を客観的に判断してくれる人がいないってことでした。


いや、いないわけじゃないか? 訪問介護を頼んでたときのケアマネジャーさんは唯一上の要件に当てはまってましたが、こちらが細々相談しなかったせいか、ウチの家族にとっては有意義なアドバイザー足りえませんでした。


また、セカンドオピニオンではありませんが、やはり別の視点も欲しくなるものです。


なので、可能であれば いろいろな手づるを使い、できれば現役の介護業界で働く人とつながりをとっておくと、いざというときに心強いと思います



まあ、こんなところですかね

その①に書きましたように、私は結果的に父母 ギリギリまで2人で生活させて、その後2人 ともに介護施設へ という形になったので、

〇自分で直接介護することはなかった
〇片親が実家、片親が施設 というようなこともなかった
〇すでに認知症だったこともあり、施設入所についてももめることはなかった
〇親の貯金で費用はどうにかまかなえた
〇親が地方で、自分が首都圏 という地方問題もなかった

ということで、他人様から見たら「楽な方」でしょう。

でも、やっぱり いろいろあったので、親御さんが高齢に差し掛かってるということであれば、早め、早めに意識し、勉強や親族での話し合いなどをはじめた方がいい と思います。


では、では ずいぶん脱線しましたが、次回から通常運行に戻ります。

【番外編】親の介護のことを記す その②

その②

2014年の春 訪問介護は受けるようになったものの、父と母の2人暮らし生活は続きます


正直いって、この2014年春から15年の秋までの1年半はヘルパーも実家に行くようになったし、俺も隔週ぐらいでは顔を出している形でなんの問題もなく過ぎるんですね


変わったことというと、それまで横須賀暮らしだった弟が単身赴任で群馬になってしまったことぐらいですかね・・・


次に問題がでてくるのは15年も秋ぐらいからです。母の様子がおかしくなります。はい、認知症ですね


正直、父の認知症は(本人には怒られますが)仕方ないかな と思ってました。

もともと不愛想で、口数も少なく、友達も少ない父が、仕事を辞めて 同じ横須賀市内とはいえ、それまで住んでいた土地から離れた公団住宅の一室に引っ込んだのだから、交友関係ができるわけがありません。


しゃべる相手といえば、ほぼ母しかいなかったわけで、父が認知症になるのはある意味仕方ないと思ってました


しかし、母は女性だから というのもありましたが、公団内の集まりにも顔を出しているのも知っていたし、趣味サークル、叔母や姪っ子たちとの外出など、正直、俺たちが子供のころに比べると相当外出していたわけです


だから、いまから考えると甘いのですが、当時は「まさか? 母に限って」というのが本音でしたね


また、会うのが1年単位になっていたころに認知症になっていた父と違い、隔週では顔をあわせていて、その差異に逆に気がつきにくいというのもありました


たとえば前回会ったときに「あれ? 大丈夫かな?・・・・」 というのがあっても、次に会ったときは「別に普通」というのが実際にあって、こちらの判断を悩ませましたね


ただ、そんな「いや、まだ大丈夫では・・・・?」という俺の思いとは別に、2015年の末から16年のはじめにかけて、簡単な家電の扱いや風呂の給湯器の扱いなどができないという訴えが母から出てくるようになりました。


さらにケアマネジャーから、「お母さんがヘルパーを家に上げたがらない 介護拒否にあう。一度立ち会ってもらえないか?」という連絡も入りました。


もともと訪問介護は、母の補助と週末にしか動けない我々兄弟の代わりに、日常的な確認が入った方が安心だから というのでお願いしたものでした。だから、ここに母の意向はないんですね


そういうのもあってか、母には訪問介護にくるヘルパーが「知らない人が勝手に家に上がろうとする」と見えたようです。


時間を合わせて、私がいるときにケアマネジャーさんとヘルパーさんに来てもらいましたが、ケアマネさんとヘルパーさんに対してすごい剣幕で怒鳴るんですね。
他人様にあんな顔をする母を見たことはありません。これにはすっかり驚いてしまいました


というわけで、この前後から、(遅ればせながら)介護施設探し、いや、そもそも介護施設の種類やらなんやらを一から情報を集めをはじめます。


もっとも情報を集めはじめたといっても、後述しますが、ネットとか出版物とかのテキスト情報は、読んで把握するのに時間がかかるわりに、自分のケースと異なるところも多く、比較的緊急性の高いケースでは時間ばかりかかってよくないですね・・・


要するにそんなことをやっている間に時間ばかり過ぎ、結局 16年の春のある日、

様子を見に行った姪っ子が、「腰が痛いから」と寝込んでいた母とぼさーっと座っているだけの父を発見  →  叔母に連絡   →  叔母から「とにかく、今すぐ施設に入れなさい!」と叱られる  →  ケアマネジャーに相談  →  ケアマネ紹介の介護施設にとりあえず即日 ショートスティで2人を入れる   →  後日 施設から「そのまま入居でも大丈夫です」と言われ  以後 そのままその介護施設に入ることとなりました。


これが丸3年前の話ですね

施設に入ったあと細かいことはあるのですが、まあ、そこら辺は割愛します。
父は入居後半年で死去 母は丸3年お世話になりましたが、つい先日死去 ということでウチの親の介護物語は幕を閉じました。


では、次回のエントリーではこの介護の話から、「こうすればよかった、あーすればよかった」 から「こうした方がいいよ」といったことを書きたいと思います


【番外編】親の介護のことを記す その①

この前、関東で嵐の夜があったと思いますが、その日に母が亡くなりました。87歳でした


2年半前に父も亡くなっており、これで一区切りという感じです。


丸5年ぐらいですかねー 親の体調やらなんやら心配になったのは


ありがたいことに自宅介護というようなことはなかったので、おそらく「親の介護」という括りでは「相当楽な方」だったとは思いますが、それでもここ5年 はじめてのことばかりで、それなりには大変でした


そういうのもあって、今、ここを見ているであろうバーチャプレイヤーのみなさん 基本的に俺より歳が下だと思います。
状況は家庭によりさまざまだと思いますが、基本的には皆に起こること・・・・

と思うので、まあ、何かの参考になれば ぐらいで「親の介護関連」について思うところを書き残しておきます。


---
先に少しウチの親、家族構成と歴史的なことを書いておきましょう

父と母 子供は俺が長男で弟が1人。弟は20年近く前に結婚していて子供は2人

父は横須賀生まれ横須賀育ち そんなわけで我々兄弟も同様に横須賀育ちです
弟は結婚したあともそのまま横須賀に住んでいます(親とは別) 


ウチの父母は俺が一人暮らし、弟が結婚にて実家を出たのを機に、横須賀市のとある公団住宅で2人暮らしをはじめました。20年ぐらい前の話ですね。父母ともに当時60代半ばだったかと


病気することもなく、2人で年金生活。実はこの頃の話は俺が年1回ぐらいしか帰らないこともあってよくわかりません。むしろ、母とよく出かけていた叔母や叔母の子(俺のいとこ)の方がよく知っているぐらいです w


そんな調子で2010年代に突入したと思ってください。


親はいよいよ老け込んできたとは思うものの、俺自身は大して帰らない状態が続きます。
今、考えれば何考えてんの? と自分を叱り飛ばしたいところです。ただ、同じ横須賀に住んでいた弟も同じような状況だったかと


それで今思い出すと2012年だったか、13年の正月に母から「お父さん 同じことを繰り返すようになった」というのは聞いてました。まあ、それが異変の一発目ですね。


2014年の正月にはかなりはっきり「認知症」とわかるようになりました。なんせ俺たち兄弟のことがわかってるような、わかってないような反応しかしません。
それでその直後より、訪問介護をお願いするようになりました


いまから思うとこの時点で施設に預けても という感じもします。2014年というと父は80後半  母も80に入ったところなので


しかし、まず 母が納得しませんでした。まあ、母はまだしっかりしてましたからね。

また、父は認知症とはいえ、食べることやトイレは自分でできたのと、我々子供たちのことはわからなくても母だけはわかる というのも大きかったかもしれません


そうそう父は認知症になって、暴れるとかそういうのはありませんしたが、徘徊して帰れずに迷子になるというケースは何回かありました。


そんなわけで認知症になった父と母の2人の生活は続きます。さすがにこの頃には(週末だけですが)ちょいちょい顔を出すようになります。


ちょっと長くなりそうなので、次回に続きます

FS3215、3216日目

金渋
ライブラさん登場で対戦
勝敗は書かないが700円使って3回勝った記憶があります・・・・ 乙


土秋
行くには行ったが書き記すようなことはない


16時に上がって、17時からNGT まほほん、れなぽん、りったんの卒業公演配信を視聴
途中、買い物行ったりしたので全部は見れなかったが・・・w


なんで、れなぽん、りったんが卒業するんだよ?? というところはあるけど、まあ、もう仕方ない
とりあえず、道は別れたので、去る者、残った者それぞれの決断がよかった と言えるものになることを望む


---
ライブラさんがさー あまりに投げを抜けてくるんで、一応聞いたら「滝さん 6多いよ」と言われた
あー最近、同じこと若手にも言われたわ・・・


白状すると、自分で意識して方向を入れてるケースと、「投げは入力したが、方向はそのときのレバー次第です」という反射投げがあるんだよね


ええ、ハイ そうです 2019年の話をしてますよ?


避け方向の話もあるし、こういうところから詰めていかないとだな・・・・
いやー 楽しい これはCOM戦だけでもまだまだ遊べますね~ w


ちなみに、投げ抜けはどういう具合か 反射で4に入れてるケースが多い・・・ シュン戦で投げ抜け4入れてるときは泣けるぜ  ここも矯正しないとね



FS3209日目

金渋
19時過ぎに着いたものの、ひたすらCOM
奥様も上がったコールがなく、両面待ち状態。


結局、20時半に奥様にピックアップされるまで誰も来なくて、1時間20分 COM戦堪能



土秋
お袋の見舞いに三浦市へ


本来ならバーチャなんかできないが、今日は奥様が飲み会につき、買い物やもろもろ家の用事をやらなくていい ということで、三浦から50キロ移動して秋葉へ


ちょいちょい対戦もあまり人もおらず さすがに帰ろうかな? というところに、空き缶くん登場したので、すっかり無理ゲーとなっている空き缶チャレンジ


構想としてはスカしきれないので、半回転をかいくぐって、側面からなんとか大きいのを・・・・ とか思ってたけど、そんなのうまくいかなくて・・・・  手前避けしたいのに、反射奥避けしてるしなあ。まあ、結果だけいうと今日は10連敗とかまではしなくてすんだけど
 そんな感じ


おまけに今日も入力ミスのオリジナルコンボ多発
最近、またひどくなってる感。対戦アガり症かね??


カルティカさん、華さんに挨拶しつつ、岡旦那 VS 空き缶 戦などを観戦。っていうか、ちょうど配信台でやっていたのであとで動画確認しないとだわ

FS3201日目

f20kovX1I_37yPH9iTk23jSmLyXvFKmQhHYeV2QrGCs.jpg
SKE チームS野島樺乃。この子がこのぐらいの扱いっていうのは、かずーにクレームを言えばいいのか? w


大山でランダムチームでの大会があるという
VFRポイントがついたり、山岸さんが来たりとなんか限りなくベイに近い大会という感じはするが、野暮用がある会社を経由しつつ向かうことに


ところが、大したことない ちょっとした確認だけ それこそ30分もかからずに上がれると思った会社の野暮用が、「これ対応しないとまずいな」というのが勃発して、結局1時間半以上いることに


会社 13時50分退勤。大会14時締切でさすがにこれはないだろう ということであきらめて秋葉へ


今日はどういう具合かノーカード というか、新規にカード作るの2回も見たよ そして、そのプレイヤーがどうにも復帰組っぽい感じだなと思ったが、敵わなかった


そんなわけで今日もなんもなくて退散

---
GWのバーチャもこれでおわりかな?


連休中3日バーチャできたうえに、そのうちに1日はラリきちとがっつり対戦できたのでいい連休となりました


ーーー
この前のラリきち戦をやってて、相手の打撃を喰らったあと(微不利)に、おぼつかない防御テクをやるより、こっちの打撃を返すテクを身に着けた方がよくない? と思い立った


それ一択ではもちろんダメなんだろうけど、俺がやっていてこっちの(微)有利なのに、相手が打撃返してきて難渋するケースって今までにいくらもあって・・・ でも、自分ではやってないみたいな というのがあるので、そういう対応も身に着けたいと思う次第


FS3199日目(甲斐の国へ)

IMG_0662.jpg
GW特別イベント
チーム俺とお前の1人 ラリきちがいる甲斐の国へ
機会があれば行こう、行こうと思いながら、あっという間に時は過ぎ・・・・ 今回ようやく思い立ち行った次第


IMG_20190501_160036.jpg
山梨県に唯一バーチャがあるゲーセン ゲームパニック甲府!


IMG_20190501_170254.jpg
元気に2セット稼働中。ターミナルもあり! ただし・・・・


100円1クレ! まさに修羅の國! w


IMG_20190501_124304.jpg
7年4か月ぶりのチーム 俺とお前 身内戦


行ってきました山梨は甲府。
12時半から休憩をはさみながら17時までずっと対戦。休憩を合間、合間に入れたといってもトータル30分ぐらい? 4時間ぶっ続けバーチャでした


途中、常連というCaCaliaさん、弐代目浜田山さんが来てくれました。なんかラリきちが宣伝してくれたらしいが、こっちはまがい物でない真正錬士だから、いやあ 本当に申し訳なかったです。こっちがせめて称号Cぐらいの腕があればね~~~ 


ところで、お2人に「ブログ見てます!」と言われ、すげー恥ずかしかった w
このブログは身内しかみてないと思ってるんで・・・・ w ま、でもこんなところでよければまたお立ち寄りください


ま、そんなわけで終わったあとコメダでお茶して、18時19分の特急で帰りました。
片道2時間15分 気楽に行けるわけじゃないがGWのイベントに挟むのにはいいかも と思った


----
〇1回目の休憩のあと、あきらかにラリきちの手数が増えて、とにかく黙らないバーチャになったときがキツかった。乱打戦を狩る技術がまだまだない


〇ゴウ相手ということもあって、基本は立ってくれる。だから43Pなり43K+Gなりの下段は当たる ここまではいいんだけど、当てたあとどうするの? というのがまだまだあやふや。
シチュエーションや相手の反応具合で何をするかをよくよく用意しておかないと・・・・


〇チョップ貯めは全段喰らった。足位置見れないからとっさに反応できんわ
  1/2にかけるべきだったか


〇ウルフはそれでも対戦している方だと思うんだけど、フレームあやふやだったり、確反 返してないところがいくらもあったなあ


〇避け方向の件は今日は頭から飛んでた w


〇ゴウ 66K+G ほとんど使わなかった 猛省


〇ダウンしない打撃を喰らったときに何をするか をもっとがんばらないと


---
7年4か月ぶり・・・・ って数字並べるとほんとすごいよな
次回はここまで開けずに、またやろう

次はにいにいさんかな? w